「おかあさんといっしょ」とともに

Eテレ番組「おかあさんといっしょ」の今月のうたや人気コーナー、歴代のおにいさんおねえさんの情報などをまとめています。



\アマゾンプライムでおかあさんといっしょが見放題!/

過去のおかいつコンサート・スペシャルステージは
PrimeVideoの「NHKこどもパーク」で見れます!

/14日間無料体験(通常397円/月)\


おかあさんといっしょファミリーコンサートは当たらない?当選しない5つの原因




当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

おかあさんといっしょファミリーコンサートは当たらない?当選しない5つの原因

 

この記事では、おかあさんといっしょの下記のことについてまとめています。

 

● おかあさんといっしょファミリーコンサートは当たらない?

● ファミリーコンサートの倍率は会場によって違う?

ファミリーコンサート 当選確率アップの5つのコツ

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートは当たらない?

 

Eテレの「おかあさんといっしょ」では、全国各地でファミリーコンサートを行なっています。

 

2024年度も、全国13都市の会場で開催されています。

 

そんなおかあさんといっしょのファミリーコンサートについては、下記のような声が多く上がっています。

 

【ファミリーコンサートに対しての声】

「おかあさんといっしょのファミリーコンサートは全然当たらない」

「何度も応募しても毎回落選・・・」

「親や親戚に協力してもらってるけど当たらない」

 

なぜこんなにも「ファミリーコンサートのチケットが当たらない」と言われているのでしょうか?

ファミリーコンサートの倍率は20〜30倍と超高い

 

なんとおかあさんといっしょのファミリーコンサートに当選する確率は、20〜30倍との噂があります。

 

その倍率は、地域・会場によって異なるとも言われています。

 

【地域・会場ごと当選倍率】

● 東京渋谷NHKホール・大阪会場:約30倍

● 地方会場:約10〜20倍

 

やはり東京・大阪などの人気で大きい会場は、倍率が約30倍というものすごい数字となっています。

 

ですがこの数字に関してはNHKが公表しているわけではなく、SNSなどでの噂でしかありません。

 

そのため本当かどうかはわからないところではあります。

 

ですがおかあさんといっしょは人気番組であることからも、東京・大阪に関しては当選確率30倍以上というのもあながち間違いではないのかもしれません。

なんでこんなにも倍率が高くて当たらないの?

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートは、なぜこんなにも倍率が高くて当たらないの?

 

それは下記のような理由が考えられます。

 

【ファミリーコンサートのチケットが当たらない理由】

● 全国各地からコンサートに行きたい親子が応募をしている

● 地方在住であっても、子供のために遠くからでも応募する家庭は多い

● 旅行がてら新幹線や飛行機に乗ってまで来る人も

● 全国を回っているため、その地域で開催される回数が少ない

● 地方の場合は土曜のみ・土日のみと公演回数が少ない

● 1回の応募で最大4名分まで席を買えるので、応募数に対してすぐに席が埋まる

● 親や親戚、友達に協力してもらって応募をする人もいる

 

このようなことから、「なかなかファミリーコンサートのチケットが当たらない」という事態が起きていると考えられます。

 

特に最近はコロナが明けて通常通りファミリーコンサートができるようになったこともあり、コロナ中に行けなかった人たちが応募をしていると考えられます。

 

そのため「倍率がどんどん上がっている」と感じる人は少なくないでしょう。

 

「子供のためなら・・・」と親戚や親と協力して必死になって応募している人も多いので、ファミリーコンサートのチケットは毎回争奪戦です。

他にもある!ファミリーコンサートに当選しない5つの原因

 

そんなおかあさんといっしょのファミリーコンサートは、今とても倍率が高いです。

 

ですが実際に私は、過去に2回ファミリーコンサートに当選して行ってきました。

 

しかも当選した2回とも、倍率が20〜30倍以上と言われている東京渋谷のNHKホールでした。

 

 

それには事前に下調べをした上で、様々な当選確率を上げるコツを意識したからだったと思っています。

 

逆に言えば、ファミリーコンサートに当選しない時に考えられる理由もあります。

 

そんなおかあさんといっしょのファミリーコンサートで当たらない時の、考えられる原因5つをご紹介します。

1, NHKの受信料を払っていない

 

まずはファミリーコンサートの応募資格の最低条件となるのが、NHKの受信料を払っていることです。

 

これはファミリーコンサートに限らず、おかあさんといっしょのスタジオ収録も同様です。

 

これらに応募できるのは、現在NHK受信料を支払っている家庭のみです。

 

もしもNHKの受信料を払っていない場合は、応募の対象外となりその時点で落選となります。

 

NHKのイベントの参加にはNHKの受信料の支払いは必須となるので、早めに支払い契約をするようにしましょう。

2,過去に不正応募をしたことがある

 

おかあさんといっしょではスタジオ収録の参加も人気で、毎回応募の倍率は高いです。

 

そんなスタジオ収録に応募したことがある場合、過去にスタジオ収録の不正応募をしていると、ファミリーコンサートに落選する可能性が高くなります。

 

例えばおかあさんといっしょのスタジオ収録の応募の際、下記のことをしたことがあれば要注意です。

 

【過去にこんなことをしていれば注意】

スタジオ収録に情報を偽って応募したことがある

(子供の名前・住所・生年月日など)

スタジオ収録に子供のいない家庭から応募をした

 

おかあさんといっしょでは、ファミリーコンサートよりもスタジオ収録の応募条件の方がとても厳しくなっています。

 

そのため上記に当てはまる場合はNHKで不正応募と判断され、その後のスタジオ収録の応募は全て無効とされてしまいます。

 

ファミリーコンサートもスタジオ収録も、毎回応募数がとても多いです。

 

過去に不正応募をした人に対しては、ファミリーコンサートも同様に落選するよう様々な対策が取られていることが考えられます。

 

一度過去にこのようなことがなかったかを、見直してみましょう。

 

3, 土日祝日ばかりを希望している

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートは東京渋谷NHKホールの場合は、4日間行われることが多いです。

 

その4日間は祝日がある3連休の週に行われることがほとんどとなり、下記のような日程で開催されます。

 

【東京NHKホールのコンサート日程例】

● 木曜日(平日)・金曜日(祝日)・土曜日・日曜日

● 金曜日(平日)・土曜日・日曜日・月曜日(祝日)

 

その際、1日だけ平日であることが多いのですが、土日祝日は倍率はとても高いので当選しづらいです。

 

土日祝日は「家族揃って行きたい」「土日しか休みがない」という人が多いことで、倍率は平日よりもぐんと高くなります。

 

そのためできれば平日を第一希望にして、応募をすることがおすすめです。

 

私の場合は、2回とも平日を第一希望にしたことで当選しました。

 

ファミリーコンサートは、第一希望に出した日程を優先に選んでくれる傾向があります。

 

そのため第一希望に倍率の高い日程にすると、当たらない可能性が高くなります。

ただし地方開催の場合は開催日程は1日・2日のみ

地方開催の場合は、土曜日のみ、もしくは土日のみの開催です。

 

そのため平日の開催がないことがほとんどのため、地方の場合は下でご紹介する「3,」 の時間帯を見直すことがおすすめです。

4, 午前公演ばかりを希望している

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートではどの会場も、午前公演・午後公演の1日2回行われることがほとんどです。

 

【1回目】 

開場:午前10時    開演:午前11時     終演予定:正午


【2回目】 

開場:午後2時    開演:午後3時     終演予定:午後4時

 

ファミリーコンサートは応募の際に希望の時間帯も選ぶことができますが、午前は倍率が高く、当たらない可能性は高くなります。

 

なぜ午前公演が人気かというと、小さいお子さんの場合は「午後は昼寝の時間」である家庭が多いからです。

 

「午前は機嫌が良いので、眠くなる前にファミリーコンサートに連れて行きたい」という家庭は多いので、午前公演はとても倍率が高くなります。

 

私の場合も2回とも、午後公演に希望を出したことで当選しました。

 

できるだけ午後公演を申し込むことがおすすめです。

5, A席ばかりを狙っている

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートは、席も選ぶことができます。

 

ほとんどの会場ではA席・B席・C席の3種類があり、ステージとの距離によって価格も変動します。

 

【会場の席の例(名古屋公演の場合)】

● A席:3,600円(1・2階席)

● B席:3,000円(3階席)

● C席:2,500円(4階席)

 

つまりステージから離れれば離れるほど、価格は安くなります。

 

その際「せっかく行くなら近くで見たい!」とA席で希望を出す人は多いですが、これが当たらない原因かもしれません。

 

A席は値段は高いですが、一番キャストとの距離が近くて見やすいため一番倍率が高くなります。

 

倍率で言うと、「A席→B席→C席」の順で倍率は低くなると予想されます。

 

そのため「当選できれば席にはこだわらない」「ステージから遠くてもいい」という場合は、C席を狙って応募することがおすすめです。

 

おかいつファミリーコンサートは工夫すれば当たらないことはない

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートは、人気番組ということもあり倍率がとても高いです。

 

ですがチケットが当たらないのには、何かしらの原因があるのかもしれません。

 

当選しないときに考えられる下記の原因を参考に、応募内容を見直してみることもおすすめです。

 

【おかいつファミリーコンサート 当たらない時の5つの原因】

● NHKの受信料を払っていない

● 過去に不正応募をしたことがある

● 土日祝日ばかりを希望している

● 午前公演ばかりを希望している

● A席ばかりを狙っている

 

ファミリーコンサートになかなか当たらない場合は、まずはNHKの受信料をしっかり払っているか・過去に不正応募をしていないかが重要です。

 

この2つのどれかに当てはまっていれば、何度応募してもファミリーコンサートに当たることはないでしょう。

 

また、倍率が高い日程・時間帯・席を選んでいることが、チケットが当たらない原因の可能性もあります。

 

当選したい場合は、できるだけ倍率の低いものを選んで応募することが重要です。

 

ぜひこのポイントも意識して、ファミリーコンサートの当選倍率を上げる工夫をしてみてください。